矯正歯科の最新技術CHECK│白い歯でにっこり笑顔

歯科

マウスピースの利用

女性

京都の歯科矯正の中で最近注目されている技術に、マウスピース歯科矯正というものがあります。アライナーと呼ばれる歯科矯正のマウスピースを歯にはめていくというものです。海外で普及している方法の一つで、透明で取り外しが自由にできることから歯磨きがしやすいというメリットがあります。虫歯や歯肉炎になることも少なく、多くのメリットがあります。しかし、中にはマウスピース歯科矯正が適用できないような場合もあります。歯を並べるスペースが少ないということや抜歯の必要があるという場合は適用外となることが多く、この矯正を希望する際には矯正歯科医院に相談を行うことが必要になります。見た目にも透明なことから他人から気付かれずに歯並びを治すということが可能で、人前に出る機会の多いモデルや歌手等も利用しています。

京都の歯科矯正で行なわれているマウスピースの治療は、短期間でマウスピースの作成ができるということも特徴です。マウスピースの作成は、10日から2週間と短期間でできることが出来ます。歯型上で歯を動かして作成することから、柔軟に対応することができるので歯に無理な負担をかけずにきれいに歯並びを治していくことが可能です。基本的に1つのステップでソフトとハードのものを利用していきます。ソフトのアライナーを1週間、ハードのアライナーを3週間から1ヶ月使用するというもので、1つのステップが終了すると次のステップの型を取り、ステップを上げていくことが可能になります。基本的に1日17時間歯に装着するということが必要です。京都では、多くの治療を行うことができるので自分の状態に合わせてより安く治療をすることが出来ます。