矯正歯科の最新技術CHECK│白い歯でにっこり笑顔

歯科

目立たなくさせる器具

歯医者

京都の矯正歯科では、ハーフリンガル歯科矯正というものがあります。上の歯は裏側に歯科矯正装置をつけ、下の歯は表側に器具を取り付けるというものです。歯科矯正装置の中でも、最も目立つものは、上の歯です。上の歯がよく目立つことから、目立たないように歯の裏側に歯科矯正装置をつけていきます。下の歯列は、唇で半分くらい隠れることから、歯の表面に矯正器具を取り付けてもある程度目立たないということがあります。なお、下の歯の場合裏側に歯科矯正装置を取り付けると不快感があるということもあります。また、話しづらいというデメリットもあることから、表面につけることが望ましいとされています。京都の矯正歯科で受けることのできる技術で、上下ともに裏側からの歯科矯正を行うよりも、不快感が少なく料金も低料金で済むことから多くの人が注目しています。

京都の矯正歯科の、ハーフリンガル歯科矯正では、下の歯列の表面には矯正器具をつけていきます。しかし、希望によって半透明な器具を使うことにより、ただでさえも目立たない器具をさらに目立たなくさせるということも可能です。どうしても見せたくないというような場合は、下の歯列も歯の裏側から矯正を行うということも可能です。その人の希望に合わせて最適なプランを提案していくので、相談を行って行くことが大切です。メリットやデメリットを話しあうことにより、自分にとって最適な歯科矯正を行うことができます。